旬のヘルシー料理を食卓へ
第8回 肝臓が気がかりな方の食事

肝臓が気がかりな方のポイント

アルコールは肝臓で分解されますが、その処理能力を超えたアルコールが体に入ると、毒性の強いアセトアルデヒドが大量につくられます。
これが体内にいつまでも残っていると、頭痛や吐き気などの不快な二日酔いの症状が現れるだけでなく、肝臓の大きな負担になります。

肝臓の働きを助ける、たんぱく質やビタミンをしっかり!

肝臓をいたわるには、まずはお酒を飲みすぎないことが肝心。飲む場合も適量を守りましょう。お酒のおつまみには良質なたんぱく質(チーズなどの乳製品、卵、肉類、魚介類、豆腐など豆製品)やビタミン、ミネラルを多く含む、低エネルギー食品(野菜類、芋類、きのこ類、海藻類、果物類など)をしっかりとることが大切です。
良質なたんぱく質は、傷ついた肝細胞を補修・再生し、アルコール分解酵素など肝機能を支えているさまざまな酵素の働きを活性化させます。

肝臓はビタミンの貯蔵庫!

肝臓にトラブルがあると代謝機能も衰えて、ビタミンやミネラルの吸収も悪くなります。しかも肝臓はビタミンの貯蔵庫でもありますから、ここにトラブルがあると、それらの活用も難しくなってしまいます。
このためにも、各種ビタミン、中でも糖質の代謝に欠かせないビタミンB群、たんぱく質の代謝にかかわるビタミンC、Eなどが不足しないよう、また、ミネラルにも配慮しながらバランスよく補給していく必要があります。

冷やしそうめん

冷やしそうめん
  • 栄養素(1人分)
  • カロリー
    344kcal
  • たんぱく質
    12.0g
  • 塩分
    2.0g

写真は「あじの南蛮漬け」、「かぼちゃの含め煮」で、昼食におすすめの献立です。

材料(2人分)

  • そうめん(乾)
    140g
  • プチトマト
    小さじ1と1/3
  • 小さじ1と1/3
  • 貝割れ菜
    少々
  • あさつき
    少々
  • しょうが
    少々
  • A【だし汁:1/2カップ しょうゆ:大さじ1 みりん:大さじ1】

作り方

  1. Aを煮立てて冷まします。
  2. 卵は薄焼きにして細く切ります。
  3. あさつきは小口切りにし、しょうがはおろします。
  4. そうめんは袋の表示にしたがってゆで、ざるに取り、流水で洗い、水気をきります。
  5. 器にそうめんを入れ、四つ割りにしたプチトマト、②、貝割れ菜を彩りよくのせ、①と③を添えます。
食材から探す

レバーの香り揚げ

レバーの香り揚げ
  • 栄養素(1人分)
  • カロリー
    188kcal
  • たんぱく質
    15.0g
  • 塩分
    0.7g

材料(2人分)

  • 豚レバー
    140g
  • しょうゆ
    小さじ1と1/2
  • みりん
    小さじ1と1/2
  • にんにく
    少々
  • しょうが
    少々
  • 赤唐辛子
    少々
  • ごま
    小さじ2/3
  • 片栗粉
    適宜
  • 揚げ油
    適宜
  • サラダ菜
    10g
  • プチトマト
    2個

作り方

  1. レバーは水につけ、ときどき水を替えながら30分ほどおいて血抜きし、5mm厚さに切ります。
  2. にんにく、しょうがはみじん切りにします。赤唐辛子は種を取ってみじん切りにします。ごまは粗く刻みます。
  3. バットにしょうゆ、みりん、②を合わせ、①を漬けて30分おきます。
  4. ③の汁気をふいて片栗粉をまぶし、余分な粉ははたき落とします。揚げ油を170℃に熱して、レバーを入れ、からりと揚げます。
  5. 器にサラダ菜を敷き、④を盛り、プチトマトを添えます。
食材から探す
宗像 伸子(むなかたのぶこ)

宗像 伸子(むなかたのぶこ)

ヘルスプランニング・ムナカタ主宰 女子栄養大学専攻科卒・管理栄養士/山王病院、半蔵門病院栄養部に長年勤務/帝国クリニック栄養コンサルタント/東京家政学院短期大学客員教授
平成6年度(財)国民栄養協会の「有本邦太郎賞」受賞
カラー版 『一品料理500選』医歯薬出版/『1200キロカロリーの献立』日本放送出版協会/『からだにおいしい キッチン栄養学』高橋書店/『一生元気! 50歳からの健康ごはん』海竜社など著書多数。
宗像先生のホームページはこちらから。

レシピ集
トップへ