創薬理念

効きめを創り、
効きめで奉仕する

社是
  • 独立自営
  • 相互扶助
  • 事業を通じて社会人類に貢献しなければならない

全薬工業は1950年7月の創業以来、「模倣せず、一歩前進した医薬品を創生し、効きめを創り、効きめで奉仕する」の創薬理念のもと、独創的な医薬品の開発に不断の努力を重ねてまいりました。それを基盤として地域の保健衛生の向上を目指し、全国のお取引店様とともに医薬品の適切な使い方や健康づくりの啓蒙を推進しています。

創業時より力を入れているOTC医薬品分野では、永年に亘って育んできた技術を活かして、より優れた効きめと高い安全性を併せ持つ医薬品の創生を第一の使命として取り組んでまいりました。さらに、「エイジングケア」や「生活機能改善」など、スキンケアや健康食品のフィールドでも医薬品の開発力を応用し、お客様の様々なニーズに応える製品を提供しています。

医療用医薬品分野においては、癌をはじめ難治性疾患の領域で、最新のテクノロジーを活用して、これまでにない新薬の開発を手がけております。その一例として、一昔前は完治が困難であった血液癌の一つである悪性リンパ腫の治療薬として、画期的な抗体治療薬を開発し、これまでの治療指針を一変させ、多くの患者さんに希望を持っていただけるようになりました。

全薬工業は、これからもOTC医薬品を中心に地域の人々の健康づくりを支援していくことと、高度医療の一翼を担い次代の成果を生み出していくことの両輪で、社会に貢献してまいります。

トップへ