ホーム  »  健康一番  » 宗像伸子のLet's 健康クッキング

宗像伸子のLet's 健康クッキング

老け知らずさんの健康レシピ

レシピ7か条

1条
カラダをつくる源!
たんぱく質豊富な食材をしっかりとりましょう。
2条
骨や関節を強くするためには、カルシウムやビタミンをしっかりとりましょう。
3条
若々しい血管を保つためには、減塩を心がけ、ビタミンE豊富な食材をとりましょう。
4条
かしこくカロリーを控えて、健康的に美しくダイエットしましょう。
5条
腸の元気を保つためには、食物繊維やオリゴ糖で腸内環境を整えましょう。
6条
野菜や旬の果物で活性酸素に強い体作りをしましょう。
7条
貧血は美容の敵! 貧血にならないために鉄分をしっかり補いましょう。
第3回

2条骨や関節を強くするためには、カルシウムビタミン
しっかりとりましょう。

体重50sの成人の体内には約1sのカルシウムが存在しています。そのうち99%は骨や歯をつくっており、残りの1%は血液や筋肉・神経などに含まれています。
血液中のカルシウム量は一定の必要量が保たれており、不足すると骨の中に蓄えられているカルシウムの一部を溶かして補います。つまり、常にカルシウム量が満たされていないと、骨の中のカルシウムは減少し、カルシウム不足によって骨粗鬆症や更年期障害、不眠などさまざまな疾病につながってしまうことも…。
成人(30代〜40代の方)の一日に必要なカルシウム量は、おおよそ600rが推奨されていますが、加齢とともにカルシウムの吸収は低下してしまうので、ご高齢の方は多くとる必要があります。
また、ビタミンDは、カルシウムやリンの吸収を活性化し、カルシウムが骨に蓄えられるのを助ける働きがあるほか、尿中に排出されないように再吸収する働きも担っていますので、カルシウムと一緒にビタミンDをとるように心がけましょう。

バックナンバー

過去のシリーズ

監修者プロフィール

むなかたのぶこ

宗像 伸子 先生

ヘルスプランニング・ムナカタ主宰 女子栄養短期大学専攻科卒・管理栄養士/山王病院、半蔵門病院栄養部に長年勤務/帝国クリニック栄養コンサルタント/東京家政学院短期大学客員教授

平成6年度(財)国民栄養協会の「有本邦太郎賞」受賞

カラー版 『一品料理500選』医歯薬出版/『1200キロカロリーの献立』日本放送出版協会/『からだにおいしい キッチン栄養学』高橋書店/『一生元気! 50歳からの健康ごはん』海竜社など著書多数。
宗像先生のホームページはこちらから。