ホーム  »  健康一番  » 宗像伸子のLet's 健康クッキング  » 宗像伸子のおいしくたっぷり カルシウム・クッキング

宗像伸子のおいしくたっぷり カルシウム・クッキング

骨や歯を丈夫に保つカルシウム。現代人には不足がちな成分です。毎日の食卓で味わえるバラエティー豊かなレシピをご紹介します。

ちりめん寿司

第1回  みんなでワイワイ食べよう  ちりめん寿司

すし飯にカルシウム豊富なちりめんじゃこを混ぜ、卵やにんじん、菜の花の彩りのやさしい、あっさりしたご飯料理です。白ごまを加え、味とカルシウム量もアップしています。

ひじきのサラダ

第2回  こんがり桜海老が香ばしい  ひじきのサラダ

ひじきはカルシウムの宝庫といわれる海藻です。ドレッシングであえてあるので、あっさりしていて思わず食べすぎてしまうほどおいしい料理。桜えびも加えてさらにカルシウム量を多くしています。

納豆のかき揚げ

第3回  納豆が苦手でもおいしく食べられる  納豆のかき揚げ

納豆はごはんにかけていただくことが多いですが、ひと手間かければおいしいおかずに変身。野菜といっしょにかき揚げにすれば、納豆のにおいが苦手な人でもおいしく食べられます。

豆腐のサラダ・ごまだれかけ

第4回  夏の食卓にさわやかさ  豆腐のサラダ・ごまだれかけ

冷奴に飽きたら、カルシウムの多いごまを使って、コクのあるタレをつくってみましょう。彩りを考慮した、夏の食卓にさわやかさを演出する一品です。

かぼちゃのポタージュ

第5回  夏は冷やして飲みやすい  かぼちゃのポタージュ

牛乳が苦手な人でも、ポタージュにすれば違和感なくとれるでしょう。夏においしいかぼちゃを使ったポタージュは、冷やしてとれば、食欲のないときでも飲みやすいものです。

青梗菜と鶏肉のクリーム煮

第6回  野菜不足の人にぴったり  青梗菜と鶏肉のクリーム煮

青梗菜に鶏肉のうまみが加わった、普段、野菜をあまりとれない人にはぴったりの料理です。鶏肉の代わりにあさりを加えると、カルシウムがより多くとれます。

豚肉の野菜巻き焼き

第7回  小松菜がおいしい季節に  凍り豆腐と小松菜のみそ炒め

凍り豆腐と小松菜はカルシウムを多く含む食品で、この1品で、1日に必要な量の3分の1がとれます。これから小松菜がおいしくなる季節です。大いに利用しましょう。

豚肉の野菜巻き焼き

第8回  彩りも栄養バランスも満点!  豚肉のソテー チーズ焼き

豚肉の上にカルシウムの多いチーズをのせて、たんぱく質もアップした洋風料理。つけ合わせの野菜の彩りもよく、栄養バランスのとれた一品料理です。

豚肉の野菜巻き焼き

第9回  ビタミンたっぷり!  かきとブロッコリーの吉野煮

ビタミンたっぷりの料理です。かきにはたんぱく質、鉄分、カルシウム、亜鉛なども多く含まれます。コクがある素材ですので、一緒に食べれば、野菜もおいしくいただけます。

豚肉の野菜巻き焼き

第10回  冬が旬!  わかさぎのから揚げ野菜あんかけ

わかさぎは冬においしく、1回に食べる量で1日に必要なカルシウムの約半量がとれる、優れた食品です。野菜のあんをかけてボリューム感を出しています。

豚肉の野菜巻き焼き

第11回  乾物を上手に使って  切り干し大根と生揚げのごま煮

切り干し大根はカルシウムや食物繊維が多く、栄養的にも優れた常備しておきたい食品です。カルシウムが多い生揚げとごまを組み合わせた栄養豊かな一品です。

豚肉の野菜巻き焼き

第12回  旬の野菜を香ばしく  春野菜のチーズ焼き

旬の野菜はおいしさ、栄養ともに充実しています。カルシウムがたっぷり含まれるチーズとスキムミルクを使って、若い人向けに料理しました。たんぱく質や食物繊維なども同時にとれる、栄養満点の料理です。

健康クッキングトップへ 健康一番トップへ