ホーム  »  健康一番  »  けがの応急手当  »  クギを踏んだ

クギを踏んだ

クギを踏むと、ばい菌が体内に入ってしまいますから、傷口が小さくても中で化膿する危険があります。
クギを抜いたら、まず傷口の回りから傷口に向かって血を十分に絞り出します。絞り出してから、傷口を開くようにしながら奥の方までよく消毒します。深く刺さって簡単に抜けないときは、そのまま病院へ。

古クギを踏むと、クギを抜いても体内にサビや汚れ、ばい菌や恐ろしい破傷風菌などが残りますので、医師の手当てを受けてください。

ここに掲載の応急手当ては、あくまでも“とりあえず”の措置にすぎず、手当てのすべてではありません。

薬草の花トップへ健康一番トップへ