「天気痛」による不調とは

気象の変化によって持病が悪化する「気象痛」のうち、痛みや気分障害に関するものを「天気痛」と呼びます。「天気痛」の症状や出るタイミングは人それぞれで、頭や首・肩などが痛くなる、気持ちが落ち込む、めまいがするなどの、体や心の不調以外にも、古傷の痛み、関節リウマチや喘息、更年期障害が悪化するなど多岐にわたります。まずは、ご自身に「天気痛」の可能性があるか下記のチェックリストで確認してみましょう。当てはまる数が多いほど、「天気痛」の可能性があります。

「天気痛」チェックリスト

「天気痛」の原因は"気圧"

天気の崩れとともに体調が崩れてしまう理由は、気圧の変動にあります。気圧は天気の移り変わりとともに変動していますが、その変化を感じるセンサーが、耳の奥にある内耳(図1)と考えられています。内耳が急激な気圧の低下または上昇を感じると、交感神経(体を緊張させる神経)と副交感神経(体をリラックスさせる神経)からなる自律神経のバランスが乱れてしまいます。交感神経が活発になりすぎると痛みの神経を刺激し、頭や古傷が痛くなります。一方、副交感神経が活発になりすぎると、倦怠感や気分の落ち込みを感じます。「天気痛」が起こりやすい方は、内耳が敏感で、気圧の変化を感じ取りやすい状態と言えます。例えば、乗り物酔いをしやすい方は、内耳が敏感になっている可能性があるので要注意です。その他にも、気温差の大きい春先や低気圧が続く梅雨の時期、夏から秋にかけての台風シーズンは、気圧が変動しやすく、体に受ける影響も大きくなってきます。適切に対処して「天気痛」の症状を解消しましょう。

図1 内耳の構造
図1 内耳の構造

「天気痛」の予防法

「天気痛」を防ぐために効果的な方法としては、抗めまい薬や漢方薬の服用と、耳のマッサージが知られています。

抗めまい薬

抗めまい薬は、内耳の血行を促して状態を整え、気圧に対する過剰な反応を抑えることができます。耳鳴りやめまいなどの「天気痛」の予兆を感じたときに服用すれば、諸症状を予防できます。予兆には個人差があるため"天気が悪くなるどれくらい前に、どんな症状があらわれるか"を把握しておくことで、見極めやすくなるでしょう。

漢方薬

漢方薬でも「天気痛」の緩和が期待できます。内耳のむくみを取り、めまいを抑える「五苓散」や、自律神経を整える「抑肝散」などが知られています。いずれも服用する際は、必ず医師や薬剤師に相談の上、症状・体質にあわせて適切に服用してください。

耳のマッサージ

薬だけに頼らず、耳の血流を整えるマッサージ(図2)を、あわせておこなうとよいでしょう。耳まわりの血流が悪いと内耳のリンパ液が滞り、めまいや頭痛を引き起こします。「天気痛」の症状が出そうなときはもちろん、日頃からおこなうことで「天気痛」の症状が起こりにくくなります。ぜひ、試してみてください。

図2 くるくる耳マッサージ
図2 くるくる耳マッサージ

「天気痛」が起こりにくい体質改善方法

「天気痛」と深く関わる自律神経を整えるため、規則正しい生活を心がけましょう。特に重要なのは、睡眠と食事です。まず、早寝早起きを心がける、もしくは睡眠の質を上げることが大切です。寝る1時間前に部屋の照明を少し落とし、スマートフォンの使用を控えることで睡眠の質が上がります。起床後は日光を10分ほど浴び、自律神経を整えましょう。 次に、食事は1日3食とるようにしましょう。中でも朝食は、自律神経を整えるために重要です。「天気痛」対策におすすめの食材(図3)を意識して摂取し、「天気痛」に負けない体質をつくりましょう。

図3 「天気痛」対策におすすめの栄養素と食材
図3 「天気痛」対策におすすめの栄養素と食材

毎日変わりゆく天気の中で「天気痛」は、誰にでも起こりえることですが、
きちんと対処をすれば怖くありません。天気の移り変わりと付き合いながら
雨の日の体調不良や憂鬱(ゆううつ)な気持ちを解消し、快適な日々を過ごしましょう。

※株式会社ウェザーニューズと佐藤先生が共同開発した『天気痛予報』を、
スマートフォンアプリ「ウェザーニュース」にて配信中です。