うな玉寿司

うな玉寿司
  • 栄養素(1人分)
  • エネルギー
    546kcal
  • たんぱく質
    20.0g
  • 脂質
    14.5g
  • 塩分
    1.8g
  • ビタミンB1
    0.44mg
  • ビタミンB2
    0.51mg

うなぎは土用の丑の日に、夏バテ防止や体力回復のために食べられてきました。良質のたんぱく質やビタミンA・B群、さらにミネラルを多く含むうなぎは、疲労回復にはうってつけの食品です。卵を加えると栄養価がさらにアップします。

材料(2人分)

  • ごはん
    400g
    • 【A】
      酢 25g (大さじ1 2/3) 砂糖 3g(小さじ1) 塩 1.5g
  • うなぎのかば焼き
    100g(1串)
  • 50g(1個)
  • 砂糖
    2g(小さじ2/3)
  • 少々
  • いり白ごま
    3g(小さじ1)
  • しその葉
    3~4枚
  • 甘酢生姜
    10g

作り方

  1. 熱いごはんにAを回し入れてさっくり混ぜ、人肌になるまで冷まします。
  2. うなぎのかば焼きはあたためて串を抜き、1cm幅に切ります。
  3. 卵に砂糖、塩を入れて混ぜ、フライパンで炒り卵を作ります。
  4. しその葉はせん切りにして水気を絞ります。甘酢生姜はせん切りにします。
  5. ①に②と③の半量、白ごまを加えてさっくり混ぜ、器に盛り、残りの②、③をのせてしその葉をちらし、甘酢生姜を添えます。

例えば…こんな組み合わせはいかが?

  • おくらとわかめのすまし汁
  • 冬瓜とにんじんのあんかけ
  • モロヘイヤとえのきのしょうが醤油あえ
食材から探す
宗像 伸子(むなかたのぶこ)

宗像 伸子(むなかたのぶこ)

ヘルスプランニング・ムナカタ主宰 女子栄養大学専攻科卒・管理栄養士/山王病院、半蔵門病院栄養部に長年勤務/帝国クリニック栄養コンサルタント/東京家政学院短期大学客員教授
平成6年度(財)国民栄養協会の「有本邦太郎賞」受賞
カラー版 『一品料理500選』医歯薬出版/『1200キロカロリーの献立』日本放送出版協会/『からだにおいしい キッチン栄養学』高橋書店/『一生元気! 50歳からの健康ごはん』海竜社など著書多数。
宗像先生のホームページはこちらから。

レシピ集
トップへ