かしこく、おいしく!健康レシピ

鮭のマリネ

鮭のマリネ
  • 調理時間:15分(冷却時間除く)
  • エネルギー:251kcal
  • エネルギー
    251kcal
  • たんぱく質
    18.9g
  • 脂質
    13.6g
  • 炭水化物
    11.6g
  • 塩分
    1.2g

鮭に含まれるアスタキサンチンは、レモンと一緒に摂取することで抗酸化作用が増すと言われています。マリネ液にレモン汁を加えて味わい爽やかに、酸味が食欲をそそります。

材料(2)

  • 生鮭
    2切れ
  • 大さじ1
  • こしょう
    少々
  • 小麦粉
    適量(100g)
  • 大さじ1/2
  • 玉ねぎ
    1/4個(50g)
  • にんじん
    小1/2本(50g)
  • 黄パプリカ
    1/4個(30g)
    • 大さじ1と1/2
    • 大さじ1と1/2
    • レモン汁
      大さじ1
    • 小さじ1/2
    • 砂糖
      小さじ1/2
    • こしょう
      少々
  • パセリ
    少々

作り方

  1. ボウルに酢・油・レモン汁・塩・砂糖・こしょうを入れて混ぜる。
  2. 玉ねぎは横薄切り、にんじんは斜め薄切りにしてから細い千切り、パプリカはヘタと種を除いて斜め薄切りにする。
  3. 鮭は酒を絡めてふき、厚さ1cmの斜めそぎ切りにする。こしょう、小麦粉を振る。
  4. フライパンに油を入れて中火弱で熱し、4を入れる。両面とも約3分ずつ焼いて取り出し、油をふいて1に漬ける。ときどき上下を返しながら粗熱を取り、冷蔵庫で1時間ほど冷やす。汁気を切って器に盛り、パセリを散らす。
今泉久美

今泉久美

料理研究家/栄養士/女子栄養大学・栄養学部卒/女子栄養大学栄養クリニック特別講師
大学卒業後、食品会社・テレビ番組のアシスタントを経て独立。雑誌・料理本・テレビ・講習会などで活躍中。
『「ストウブ」でいつもの料理をもっとおいしく!』文化出版局/『いちばんよくわかる はじめての料理120』学研プラス/『大人の献立ルールは2品で10分 500kcal』文化出版局/『忙しくて余裕ない日は、豆腐にしよう。』山と渓谷社/『女子栄養大学栄養クリニックが教える 内臓脂肪を落とす健康レシピ』学研プラスなど著書多数。
今泉先生のホームページはこちらから。

健康レシピトップに戻る
レシピ集
トップへ