茹で牛肉のあえもの

茹で牛肉のあえもの
  • 栄養素(1人分)
  • カロリー
    168kcal
  • たんぱく質
    14.8g
  • 塩分
    1.1g

牛肉は良質なたんぱく質や鉄分を含む栄養価の高い食品です。ただし、肉の部位によって栄養価が違うことを覚えておきましょう。 脂身の多い、ばら肉やサーロインなどは脂肪が多く、とり過ぎはコレステロール値を上昇させる可能性があるので、控えましょう。高齢者にはヒレ肉やもも肉のように脂身の少ない部位をおすすめします。また、牛肉に含まれる鉄分は吸収されやすい「ヘム鉄」です。

材料(2人分)

  • 牛もも肉薄切り
    140g
  • きゅうり
    50g
  • トマト
    80g
  • みょうが
    1コ
  • しその葉
    2~3枚
  • しょうが
    少々
  • 長ねぎ
    5cm
  • しょうゆ
    小さじ2強
  • 小さじ2強
  • 砂糖
    小さじ1/3塩

作り方

  1. 熱湯にしょうが、長ねぎ(分量外)少々を入れ、牛肉を茹でて水にとり、水気をきって食べやすい大きさに切ります。
  2. きゅうりは縦半分に切り、斜めに薄く切ります。トマトは皮をむき、薄く切ります。
  3. みょうが、しその葉は細く切ります。
  4. しょうが、長ねぎはみじん切りにし、しょうゆ、酢、砂糖と合わせます。
  5. ①~③を④で和えます。

アレンジレシピ

今回は、高齢者向けに牛肉の中でも脂身の少ない部位を使いました。 暑いときでもさっぱりと食べやすいように茹でています。ボリューム感を出したい場合は肉を炒めてあえるとよいでしょう。 あえる食材は、なす、とうもろこし、アスパラガス、にんじん、ピーマン、きのこなどもおすすめです。

組み合わせ献立例

  • ご飯
  • 揚げ出しなすの薄くず煮
  • 小松菜の磯辺あえ
  • スイカ
食材から探す
宗像 伸子(むなかたのぶこ)

宗像 伸子(むなかたのぶこ)

ヘルスプランニング・ムナカタ主宰 女子栄養大学専攻科卒・管理栄養士/山王病院、半蔵門病院栄養部に長年勤務/帝国クリニック栄養コンサルタント/東京家政学院短期大学客員教授
平成6年度(財)国民栄養協会の「有本邦太郎賞」受賞
カラー版 『一品料理500選』医歯薬出版/『1200キロカロリーの献立』日本放送出版協会/『からだにおいしい キッチン栄養学』高橋書店/『一生元気! 50歳からの健康ごはん』海竜社など著書多数。
宗像先生のホームページはこちらから。

レシピ集
トップへ