あさりの卵とじ丼

あさりの卵とじ丼
  • 栄養素(1人分)
  • カロリー
    443kcal
  • たんぱく質
    16.2g
  • 塩分
    2.0g
  • 鉄分
    3.2mg

貝類の中で日本人の食卓にもっともなじみ深いのがあさりです。あさりには、たんぱく質、鉄、ビタミンB12、マグネシウム、タウリンが豊富に含まれています。貧血予防のほかに肝臓強化、動脈硬化予防などの働きがあります。 また、卵はビタミンCと食物繊維以外の栄養素を含んでいるという栄養価の高い食品です。健康な人は1日に1個はとりたいですね。

材料(2人分)

  • ご飯
    360g
  • あさり(むき身)
    80g
  • にんじん
    30g
  • 玉ねぎ
    50g
  • そら豆
    40g
  • 2コ
  • だし
    2/3カップ
  • しょうゆ
    小さじ2
  • みりん
    小さじ2

作り方

  1. 玉ねぎは薄く切り、にんじんは短冊に切ります。卵は溶いておきます。
  2. そら豆は茹でて薄皮をとります。
  3. あさりのむき身はざるに入れてさっと水洗いし、水気をきります。
  4. 鍋にだしを温め、①を入れます。煮立ったらしょうゆ、みりんで調味し、③を加えて煮ます。あくをとり、②を入れて溶き卵を回し入れ、半熟状に煮ます。
  5. 器にご飯を盛り、④をのせます。

アレンジレシピ

あさりの代わりに、かき(9月から3月まで)やほたて貝、まぐろのフレーク缶などでもおいしく作れます。また、野菜はアスパラガス、小松菜、ほうれん草、青梗菜、しいたけ、エリンギなども合います。 卵とじ丼の調理のポイントは、卵でとじるときに火を通し過ぎないようにすることです。火を通し過ぎて、すが入ったようになると味がガクンと落ちます。

組み合わせ献立例

  • 豆腐とわかめのすまし汁
  • 小松菜としめじの磯辺あえ
  • びわ
食材から探す
レシピ集
トップへ