ホーム  »  健康一番  »  薬草の花  »  コガネバナ

コガネバナ

長月(九月)

消炎、解熱…。黄色い根に薬効

漢字では「黄金花」と書きますが、花は淡い紫色で、夏に咲きます。その美しさから、鑑賞用としても栽培されています。

原産は中国北部からシベリア。シソ科の多年草です。日本には先に生薬が輸入され、江戸時代中頃に栽培されはじめました。
薬用としては、根を乾燥したものが使われ、生薬名を『オウゴン』といいます。コガネバナの和名も生薬名も、この根が黄色いことに由来しています。

漢方では多くの処方に使われる重要な薬で、消炎、解熱、鎮痛、オ血改善の効果があるとされます。 女性保健薬にも処方されています。

薬草の花トップへ 健康一番トップへ