ホーム  »  健康一番  »  薬草の花  » コブシ

コブシ

卯月(四月)

つぼみが鼻炎に効果

日本各地の山野・丘陵などに野生、または栽培されている落葉低木。4月上旬〜中旬頃が見ごろで、六片に分かれた白い花を咲かせます。

イモウエバナとも呼び、花の開花をみて、里芋の苗を畑に植える地域もあります。また、咲く花の量で、凶作、豊作の占いもするそうです。

つぼみを乾燥させたものが、生薬の辛夷(しんい)。精油成分を含み、わずかに辛く芳香があります。
他のもくれんの仲間も同様に用いられ、鼻炎、頭痛などに効果があるとされています。

薬草の花トップへ 健康一番トップへ