ホーム  »  健康一番  »  薬草の花  »  ジャノヒゲ

ジャノヒゲ

葉月(八月)

「麦門冬」と呼ばれる古い生薬

東は日本から、西は中国、ヒマラヤ地方まで分布する常緑の多年草。
別名をリュウノヒゲともいい、幅3mmほどの細い葉がヒゲのように見えることから、ついた名といわれています。

夏に、白または淡い紫色の小さな花を咲かせます。花が終わると、球形で濃い青色の種子をつけます。

根がこぶ状にふくらんだ部分をとり、日干しにしたものを麦門冬(バクモンドウ)といいます。
滋養強壮、せき止め、去痰などに有効とされる、古くからの漢方の要素です。

薬草の花トップへ 健康一番トップへ