ホーム  »  健康一番  »  急病の応急手当  »  お腹が痛い

お腹が痛い

症状と原因

腹痛を起こす主な病気には、次のようなものがあります。

虫垂炎

吐き気や嘔吐をともなって痛みが激しくなる

急性胃炎

嘔吐や下痢がある

急性腸炎

ひどい下痢をともない、激痛がある

急性膵炎

発熱や嘔吐、ショック症状

胃・十二脂腸潰瘍のせん孔

発熱、吐き気、激痛、顔面蒼白

尿路結石

激痛で血尿がある

腸閉塞(腸捻転)

突然の激痛で嘔吐し、ガスが出なくなる

急性胆のう炎

肋骨下部に鈍痛、発熱、黄だんがある

胆石症

激痛や発熱、黄だんがある

子宮外妊娠破裂

ショック症状

応急手当て

まず着ているものをゆるめ、ベルトなどもはずし、お腹を楽にして安静にしてください。仰向けに寝てひざを高くして曲げ、下に当てものをし腹圧をかけないようにすると、痛みが和らぐこともあります。
子どもが「ポンポンが痛い」といっても、肺炎だったり、ヘルニアだったりしますから、注意が必要です。食事をさせたり、温めたり、勝手に判断して薬を飲ませたりしないように。
単に腹痛といってもさまざまな病気があり、なかには早く手術しなければならない場合もあります。原因に心あたりはないか、突然痛みだしたか、熱があるか、ショック症状があるかなどを観察して、医師の診察を受けてください。そのときには、どのあたりがどんな痛みなのか、食べた物、吐いた物、痛みがどれくらい続いているのか、全身の症状を医師に告げましょう。

薬草の花トップへ健康一番トップへ