ホーム  »  健康一番  »  急病の応急手当  »  胃が痛む

胃が痛む

症状と原因

食欲がなく胃が張って重苦しい、胸やけがしたり胃が痛む、むかつきや吐き気がある、嘔吐などがある…。これらは急性胃炎の症状です。お酒や冷たい物、油っこい物、香辛料の強い物の食べすぎ飲みすぎに心あたりがあれば、それが原因と考えられます。

応急手当て

暴飲暴食が原因なら1日くらい絶食して、安静にしているのがいちばんです。状態を見ながら流動食から普通食へ、段階を経て戻しましょう。食中毒やほかの重大な病気の場合もありますから、暴飲暴食のせいだと断定できないかぎり、医師の診断を受けてください。

急病の応急手当一覧へ健康一番トップへ