ホーム  »  健康一番  »  けがの応急手当  »  靴ずれを起こした

靴ずれを起こした

靴ずれしかけたら、当たる部分に石けんやロウを塗るか、セロテープなどを貼ってすべりをよくするといいでしょう。

靴ずれで水ぶくれができてしまったときは、患部を水と石けんでよく洗い、炎で焼いた針で水疱をつぶし、ガーゼで中の液を押し出します。さらに、つぶした患部を滅菌テープでおおいます。 水ぶくれがつぶれたときは、患部を十分に消毒し、ガーゼを重ね、患部に当たらないようガーゼに穴を開けておおいましょう。さらにその上にガーゼを当ててばんそうこうでとめます。
長時間歩くときは、新しい靴をはかないようにしましょう。

ここに掲載の応急手当ては、あくまでも“とりあえず”の措置にすぎず、手当てのすべてではありません。

薬草の花トップへ健康一番トップへ