ホーム  »  健康一番  »  けがの応急手当  »  突き指をした

突き指をした

突き指とは、伸ばした指先の正面から強い衝撃を受け、指先背側の腱が断裂した状態です。放っておくと曲がったまま固くなってしまいます。

突き指をしたときは、患部を冷やして冷湿布をし、副子を当てて固定します。指を引っ張って治そうとするのは危険です。痛みがひどいときは、突き指骨折の疑いもあるので、医師の治療を受けてください。

ここに掲載の応急手当ては、あくまでも“とりあえず”の措置にすぎず、手当てのすべてではありません。

薬草の花トップへ健康一番トップへ