ホーム  »  健康一番  »  けがの応急手当  »  ぎっくり腰になった

ぎっくり腰になった

ぎっくり腰は、腰の筋肉の筋ちがいのことで、結合組織の損傷が原因です。痛みは温めると和らぎます。
仰向けに寝かせ、ひざの下に当てものをして安静に。サラシ木綿などで腰椎の部分をしっかり巻いておくと効果があります。

患部をもんだりさすったりせず、最低4〜5日は安静にする必要があります。足にしびれがあるときは、医師の手当てを受けてください。

ここに掲載の応急手当ては、あくまでも“とりあえず”の措置にすぎず、手当てのすべてではありません。

薬草の花トップへ健康一番トップへ