ホーム  »  健康一番  »  けがの応急手当  »  鼻血が出た

鼻血が出た

子どもの場合、鼻にも全身にも異常がないのに鼻血が出ることがあります。これが自発性鼻出血です。そのほか、炎症や鼻中隔わん曲による出血や、高血圧や白血病など血液の病気による出血もあります。
自発性の出血には、次のような対処法があります。

・鼻を冷湿布しながらつまむ
・ガーゼか脱脂綿を丸めて鼻につめ、鼻先をつまむ
・椅子やクッションに上体を45度の姿勢でよりかかり安静にする

他の原因の出血の場合は、医師に相談して、正しい治療指示を受けてください。 首筋を叩くのは危険なのでやめましょう。

鼻を打った場合

鼻筋が曲がっているように見えたり、コブのように大きく腫れたりしていたら骨折の疑いがあります。骨折しているようなら、すぐ医師の手当てを受けましょう。骨折がなければ、さすったりもんだりしないで、冷たいタオルで患部を冷やして、腫れをひかせます。

ここに掲載の応急手当ては、あくまでも“とりあえず”の措置にすぎず、手当てのすべてではありません。

薬草の花トップへ健康一番トップへ