ホーム  »  健康一番  »  けがの応急手当  »  すり傷をした

すり傷をした

小さな傷でもばい菌が入ると、化膿して傷の回復が遅れます。そのままにしておかないほうがいいのです。

まず、すりむいた患部についた泥や砂を、きれいな水でよく洗い流して、状況によって患部とそのまわりに消毒液を塗ります。軽い傷ならこれでOK。こすれて痛いようなら、滅菌ガーゼを当てて包帯を巻いておくとよいでしょう。

ここに掲載の応急手当ては、あくまでも“とりあえず”の措置にすぎず、手当てのすべてではありません。

薬草の花トップへ健康一番トップへ