ヘルスチェック

青信号

しかし油断は禁物です。チェックの入った生活習慣を改めましょう。

黄信号

将来、動脈硬化になる可能性もあります。チェックの入った生活習慣を改めましょう。

赤信号

生活習慣を改めるとともに、専門医に相談しましょう。

1.年齢が男性で45歳以上、女性で55歳以上である。
加齢は冠動脈疾患をはじめ、動脈硬化の危険因子である高脂血症や高血圧の大きな要因となります。

2.タバコを毎日吸っている。
タバコはHDL(善玉)コレステロール値を下げ、LDL(悪玉)コレステロール値を上げます。
増えたLDL(悪玉)コレステロールが、血管壁に沈着し血圧を高めるだけでなく、動脈硬化の進行を助長します。また、肺がんの発生とも関係しています。

3.最近のどが渇きやすい。
血液中の塩分(ナトリウム)か糖分の濃度が、高くなっている可能性があります。塩分濃度が高いと高血圧の大きな要因となります。
また、糖尿病の可能性もあります。どちらも動脈硬化の危険因子なので注意しましょう。

4.肉類が大好きで野菜はほとんど食べない。
食事が肉類に偏ると脂肪の取りすぎになりやすく、悪玉コレステロールを増やす原因になります。

5.昔に比べて喜怒哀楽が激しくなった。
脳動脈硬化が進行すると、感情のコントロールがうまくできなくなって、カッとなったり涙が出たりといった症状がでることがあります。

6.血圧が収縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧90mmHg以上である。
血圧が収縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧90mmHg以上であると高血圧と診断されます。
脳梗塞や脳出血の発症率も飛躍的に上昇しますので、血圧を下げる努力をしましょう。

7.よく頭痛がする。
高血圧の人に頭痛を訴える人がいます。
また脳動脈硬化の自覚症状に、頭痛やめまいがあります。

8.BMI値(肥満度の指標)が26.5以上である。
肥満は高脂血症、高血圧、糖尿病と同様に、動脈硬化の危険因子の原因となります。

9.ケーキやチョコレートなど甘い物が大好きである。
糖分の過剰摂取は糖尿病を引き起こすこともあります。
血液中の中性脂肪を上昇させ、動脈硬化の危険因子となります。

10.ストレスを溜め込んでいる。
精神的なストレスと血圧は密接な関係にあります。
ストレスに長くさらされると、血圧が上昇し、動脈硬化を促進させます。

11.ラーメンのスープやめん類の汁は全部飲み干す。
ラーメンのスープには約5%の塩分が含まれます。
塩分は健康な人でも1日に10g以下、高血圧の人では1日に6g以下にすべきといわれています。また、塩分の取りすぎは胃がんの発生とも関係していますので、スープを全部飲むのはやめましょう。

12.運動をほとんどしない。
運動量が不足し、摂取したエネルギーを消費しきれないと、余ったエネルギーは肝臓で中性脂肪に変わります。
また悪玉コレステロールも増やしてしまいます。

13.お酒を毎日飲む(日本酒1合以上、ビール500cc以上、ウイスキーグラス1杯以上)。
アルコールの過剰摂取は、肝臓での中性脂肪の合成を高め、高血圧の危険因子ともなります。

14.朝食を食べずに夜ドカ食いをする。
空腹時間が長く、一度にたくさん食べることで脂肪を蓄積しやすくなり、隠れ肥満の大きな要因にもなります。

15.もの忘れが多くなった。
設問5「昔に比べて喜怒哀楽が激しくなった」と同様に、脳動脈硬化が進んだ自覚症状の1つです。