学術

お客様に製品を正しく使っていただくために、
製品の価値や特長をわかりやすく伝える。
蒔田 絵里
Eri Makita
2009年入社
薬学研究科 修了

学術

学術業務は、ドラッグストアなど取引先の従業員様がお客様に対して、OTC医薬品、スキンケア用品、健康食品、雑貨などを適切にご紹介できるように、全薬工業の製品の価値をわかりやすく伝え、販売のサポートを行うことが主な役割です。そのため、取引先を対象とした製品説明会の実施や、OTC-MRからの問合せへの回答を担当しています。自社製品についての情報収集・データ管理をはじめ、市場動向や他社競合品についても把握することが大切です。

蒔田絵里の仕事

担当業務

私たちの仕事は、お客様に全薬工業の製品を紹介いただく取引先の従業員様に、OTC-MRのサポートとして、自社製品の情報提供を行うことです。そのために、OTC-MRに同行して取引先で製品の説明会を実施することや、販売促進のための資料の作成などを通じて、販売支援を行っています。どのような説明や資料ならば、製品についての理解を深めていただけるかを常に考えています。新製品が発売される時期だけではなく、求められる情報にいつでも対応できるよう、常に最新の情報を把握することが大切です。そのため、開発やマーケティング、研究、お客様相談室などの各部門と密に連絡をとり、情報共有をしています。また、製品を紹介するための表現が法律、ガイドラインに沿った内容であるかを確認するために薬事部門とも連絡を取っており、さまざまな部署と関わることが多い仕事です。

やりがい・仕事スタイル

私がこの仕事を担当して本当に良かったなと感じるのは、取引先の従業員様から、「全薬の製品を使ったお客様の症状や肌の状態が良くなって喜んでいた」というお声をいただいた時です。直接お客様と関わることは少ないですが、私たちが提供する製品の先にいるお客様を常に意識するようにしています。私自身、アトピーで敏感肌なのですが、全薬工業の製品を使って、肌がとてもよい状態になったので、自分の体験も含めて説明をするなど、お客様の悩みや気持ちに寄り添うことを心がけています。お客様の症状に合った製品を正しく選んでお使いいただくための「情報提供」という仕事に携われることにやりがいを感じています。また、入社してから、お客様相談室やOTC開発を経験し、現部署に配属となりました。製品を生み出すところからお客様との距離が近い部門まで、さまざまな業務に携わることができているのは、とても幸せなことだと思っています。

  • 学生時代に熱中したこと

    大学の放送委員会のほか、管弦楽部でパーカッションに熱中していました。管弦楽は高校時代から始めましたが、パーカッションはさまざまな打楽器を演奏できるのが魅力で、中でもティンパニ、タンバリンが得意でした。最近は、なかなか楽器に触れる機会がありませんが、いつかまた演奏したいと思っています。

  • 休日の過ごし方

    休みの日は仕事からは完全に離れ、オンオフの切り替えをしっかりするようにしています。音楽が好きなので、ロック系のライブや音楽フェスに行ったり、絵画を観に美術館を巡ったりしています。そのほか、パン作りも好きです。パン生地を手ごねしているときは、何も考えずに無心になれるので、とても良い気分転換になっています。

  • 全薬工業の魅力

    規模が大きい会社ではないので、若手のうちから仕事を任せてもらえる点が魅力だと思います。ただ任されるのではなく、しっかりと上司や先輩方がサポートしてくれますので、実践を通じて、しっかりとスキルを身につけながら、成長することができます。このようにバックアップ体制が整っているので、無理なく着実にステップアップしていけます。

  • 未来へ向けて

    現在、お客様に直接関わる業務はほとんどありませんが、お客様のライフスタイルの変化に伴い、その時々で求められる情報や提供方法は変わってきています。そのため、お客様に向けて自社製品の情報だけではなく、健康情報や適切なスキンケアの方法などについて、ホームページやSNSを活用して動画配信をするなど、ダイレクトな情報発信を行うための仕組みづくりを検討しています。