若手社員の声

入社3年目までの社員に聞きました。
社員のリアルな声からも
全薬工業の社風を感じてください。

全薬工業を
選んだ
理由
第一印象と
入社後
の印象
全薬工業の
一番好き
なところ
心に
残る人
休日の
過ごし方
  • 希少疾患に対する治療薬の開発に、幅広い業務を経験しながら携わりたいと考えたためです。また、多くの企業では一方通行になりがちな面接ですが、全薬工業では一人ひとりと深く対話することを大切にしているという印象でした。このため、働きやすい雰囲気がありそうだと感じたことも選んだ理由です。

    (医療薬開発)
  • 「模倣せず、一歩前進した医薬品を創生し、効きめを創り、効きめで奉仕する」という創薬理念です。お客様に健康と満足や安心をお届けし、社会人として新たな挑戦をしたいと考えていた私にとってこの会社でならやりがいをもって働くことができると考え、全薬工業を選びました。

    (製造・品質管理)
  • 医薬品特有の規制や品質保証に興味があり、信頼性保証の仕事を希望していました。入社直後から希望部署に配属できる職種別採用であったことは一つの大きな理由です。また会社説明会で聴いた働き方に共感しました。会社や世のためである前に、まずは自分のために働くこと、という考え方は、自分のやりがいや成長を一番に求める私を肯定してくれているようでした。

    (信頼性保証)
  • 全国のドラッグストアで販売している製品があり、製品を通じて多くの方々の美や健康の悩みを解決できる手助けができると考えました。また、全薬工業の営業は商談を行うだけでなく、取引先と情報共有を図りながら売り場の作成や販促企画の実施・サポートが実施できるため、その部分に面白さを感じて志望しました。 

    (OTC-MR)
  • 私が全薬工業を選んだ理由は、幅広い事業展開とユニークな製品の多さの2点からです。医療用医薬品からOTC医薬品、スキンケア製品や健康食品など、人々の健康及び日々の生活に広く貢献できると考えていました。また、他社にはない、さまざまな特長のある製品の開発に関わることができるという点は、大変魅力的だと感じていました。

    (OTC開発)
  • 私は小さな頃、薬にお世話になっていたので、医薬品に携わる企業で働きたいという想いがありました。特にアトピー性皮膚炎のため敏感肌用のアルージェシリーズに興味を持ったからです。また、全薬工業は製品が長い間愛され信頼されていることに魅力を感じました。

    (管理部門)
  • 全薬工業を知ったきっかけは学生時代にアルバイトをしていたドラッグストアです。当時の店長に「全薬工業の社員は真面目で人柄も良い。就職活動しているなら候補にしてみたらどうか」とアドバイスを受けました。もともと化粧品や医薬品関連の企業への就職を希望していたこともあり、説明会や選考試験を受け、最後は直感で入社を決めました。

    (MR)
  • よく知っているジキニンを製造している会社であると学生の頃に知りました。全薬工業の製品や業務についてもっと深く知りたいと思い、会社について調べたところ、「効きめを創り、効きめで奉仕する」という創薬理念に感銘を受けました。自分も全薬工業の一員として医薬品の生産に携わり、社会に貢献したいという気持ちが強くなり、志望しました。

    (製造・品質管理)
  • 誠実で、芯を持った社員が多いと感じたためです。会社説明会に参加し、社員の誠実さ、人柄の良さが会社全体の誠実さにつながっているのだと感じました。また、お客様に、より安全で安心な製品を届けたいという情熱を持って業務にあたっているのが伝わりました。そのような方々と働くことで人間性を高めることができると考え、全薬工業を選びました。

    (OTC開発)
  • 若いうちから仕事を任されて、キャリアアップが出来ると感じました。また、幅広い製品を展開して、多くの人に求められていると感じました。そんな全薬工業に魅力を感じ、この会社で多くの人々に求められる人物に成長したいと思いました。

    (OTC-MR)
  • 新人でも製品開発に携わることができると感じたからです。大学院で学んだことに関連しつつ、入社後直ぐに開発に携わることができる会社は、なかなかありませんでした。他の企業の話を聞いても、入社して10年を経た多彩な経験を積んだ方が開発を担当することがほとんどとのことでしたので、今でも恵まれた環境だなと実感しています。

    (OTC開発)
  • 大学で実施されていた企業説明会での企業紹介を聞いて社風や働き方が素敵だと感じたことがきっかけです。もともと、美容品収集が趣味で特にスキンケアに関心がありました。両親が医療関係ということもあり、医薬品、化粧品、両方に携われる仕事内容に魅力を感じました。アルージェの成分を知って世の中に広めたいと思いました。

    (OTC-MR)

※記載内容は取材時のものです。

  • 第一印象はジキニンやアルージェなどの看板製品の印象を強く持っていましたが、入社後は多岐にわたる製品数の多さ、今までに発売したことのない除菌市場への参入など、チャレンジ精神に溢れる会社だという印象を持っています。

    (OTC-MR)
  • 第一印象から良い人が多いと感じていましたが、思っていた以上に上司や先輩方はよい方ばかりです。何か分からないことがあれば丁寧に教えてもらえ、手を差し伸べることをいとわない人が多いと思います。所属した研究室に関係なく、気さくに話しかけてくれるので、何かと相談しやすい環境だと思います。

    (創薬研究)
  • 就活生の時は、真面目で誠実な製薬会社という印象を持っていました。入社後の印象は、真面目さや誠実さの他に、社員の皆さんが「全薬工業らしさ」を大事にしていると思います。また、全薬工業の真面目でぶれない姿勢が製品に現れていることを実感しています。

    (OTC-MR)
  • どの社員も仕事に対して非常に積極的で、自発的に担当テーマを進めている印象を受けました。入社して数カ月後に感じた点は、アットホームのような環境の中、人当たりの良い方が多く、さまざまな課題や悩みを相談しやすい雰囲気であると実感しました。また福利厚生が充実しており、性別・年代も関係なく働きやすい環境のように感じます。

    (OTC開発)
  • 第一印象は人事部の対応や印象が良く、入社後の新入社員研修等のフォローも手厚く風通しも良い会社であるという印象でした。配属になってからも営業活動のフォローアップをしていただき、担当企業を持ってからは自身の成長につなげることができる職場であるという印象です。

    (OTC-MR)
  • 企業の研究職は決まった実験のみを行うという印象でした。しかしながら、全薬工業の研究開発センターでは、決まった作業というものは少なく、与えられたテーマに対して自分で考え、研究を行うということが多いと思います。一から考えて行動したいと思う方は、働きやすい会社だと思います。

    (創薬研究)
  • 入社前の印象は人柄を重要視していると感じ、入社後もそのままの印象を持っています。上司との距離が近く、話しやすいです。そのため、業務内においても発言しやすく積極的に参加できる環境にあると感じます。また、研究所においては他研究室であっても話しかけてくれたり名前を覚えてくれていたりと優しい方が多く、会社の一員であることを感じています。

    (創薬研究)
  • 全薬工業の第一印象は、清潔感のあるクリーンな会社という印象でした。入社後の印象は、清潔感があるのは当初から変わりませんが、上司や先輩方から、時には厳しく、時には優しく、指導してもらえます。清潔感がある、思いやりの溢れる会社という印象になりました。

    (製造・品質管理)
  • 全薬工業の第一印象は、やはりジキニンの会社ということで、OTC医薬品をメインとして事業を展開している会社という印象が強くありました。しかし、入社後はOTC医薬品だけでなく、化粧品事業、食品事業、医療用医薬品事業と幅広く事業を展開している会社であるという印象に変化しました。

    (事業開発)
  • ジキニンが有名なので風邪薬に力を入れていると思っていましたが、実際に入社して仕事をしてみると、医薬品だけでなくスキンケア品や健康食品など幅広い分野に力を入れていることを知りました。最近は菌•ウイルス対策のために除菌剤を展開するなど、どんどん幅を広げています。今後もさまざまな分野に参入し消費者のニーズに応えていきたいです。

    (製造・品質管理)
  • 第一印象はアットホームで風通しの良さそうな社風だと思いました。実際に入社してみると、分からないことはなんでも相談できるため風通しが良く、いい意味で人との距離が近いと感じました。さらに、仕事に対して真面目で、積極的にセミナーを受講するといったような勉強熱心な人が多いとも思います。

    (製剤研究)
  • 第一印象と入社後の印象に差はあまりありませんでした。製薬会社というイメージから理系だらけの職場、経済の勉強しかしてこなかった自分は場違いではないか?という想像をしていましたが、入社後には多種多様なバックグラウンドを持つ社員で構成されていることが分かり安心しました。

    (管理部門)

※記載内容は取材時のものです。

  • 全薬工業の一番好きなところは、多くの方々に愛される製品をつくり出しているところです。困った人に寄り添い、愛される製品を生み出している全薬工業を誇りに思います。

    (OTC-MR)
  • アットホームな雰囲気があり、分からないことなどを気軽に相談できるところです。部内では毎日全員と関わる機会があるのも全薬工業の良いところだと思います。今年はコロナの影響で全体での懇親会などを行うことはできませんでしたが、スポーツなど、趣味の交流会があるので、他部署の人と交流することもできます。

    (製剤研究)
  • 入社を決めた大きな理由である、製品力の高さです。入社後、ドラッグストアの店舗の担当者から「とてもいい製品だから、お客様へ胸を張ってご紹介できる」とのお声をいただいたときはとても嬉しい気持ちになりますし、また頑張ろうと思います。お客様からも、喜びのお声をいただくこともあります。

    (OTC-MR)
  • どの部署の空気も堅苦しさがなく、人間関係が良いところです。社員同士のコミュニケーションが活発に取られており、上司と部下の間で分け隔てなく話ができています。そのため、仕事で大切な報告・連絡・相談、いわゆる「報・連・相(ホウレンソウ)」も円滑に行うことができています。

    (信頼性保証)
  • 全薬工業の好きなところは、社員一人ひとりを大切にしているところです。明るくて温かい人柄の社員が多く、部署を問わず、新入社員時には丁寧に仕事を教えてくれ社員として独り立ちできるように育てていただきました。3年目の現在も上長と先輩方に恵まれ、人の温かさを感じています。

    (OTC-MR)
  • 医療用医薬品、OTC医薬品、化粧品など『製品が多様ながらも一つひとつの信頼性が高い』ところです。特にスキンケア用品では美容雑誌で評価No.1を獲得する製品もあり、自分で愛用するだけでなく、友人にもすすめられるよい製品を創っている会社だと実感してます。

    (医療薬開発)
  • 挑戦できる風土であることです。担当テーマ以外でも、新しい技術や情報を得る機会が多く、スキルアップにつながる業務が多いと感じています。また、自身が提案すれば、新しい研究内容を進めることが出来る環境であるため、何事にも積極的に挑戦できる風土だと感じています。

    (製剤研究)
  • 同期の仲がとても良いことです。入社時から感じたのは、同じ会社に入社した仲間なので波長が合い、居心地が良いということです。新人研修期間は毎週末のように飲み会を開き、その後も、ことあるごとに集まっています(現在はコロナ禍で自粛中です)。今では各業務の担当者としてお互いに協力したり相談し合ったりと、頼れる存在であり切磋琢磨し合える関係です。

    (信頼性保証)
  • 先輩後輩の分け隔てなく、意見を出し合いながら業務に取り組んでいるところが好きです。若い社員の意見も積極的に取り入れてもらえますし、何事に対しても先輩社員から意見を求めてくれるので、堂々と発言がしやすいです。意見を業務に取り入れてもらえたときには、モチベーションも上がりますし、この会社に入社して良かったなと思います。

    (管理部門)
  • 入社してみて、製品の一つひとつについて詳しく知るようになり、自分で使用することで製品をより一層好きになりました。最近では、CMも流れ、ドラッグストアでも目にするようになったので、自分が勤めていることが誇らしく思えます。友人や親戚からも全薬の製品やCMを見たと報告を受ける度に嬉しく思います。

    (管理部門)
  • お客様と販売員の方に製品が愛されていることです。私は入社して、ある企業を2年間担当していますが、化粧品担当者の方から、お客様におすすめして喜ばれた、とのお礼のお言葉をいただくことが多く、自社の製品に誇りを持つことができました。

    (OTC-MR)
  • 医療薬開発部では、私のような若手社員でも積極的に手を挙げれば、さまざまな業務に挑戦することができます。私自身、メインの業務の他にもいろいろ経験させてもらいその中で学んだことを業務に活かしています。

    (医療薬開発)

※記載内容は取材時のものです。

  • お取引先の化粧品バイヤーの方です。2年前、新人で未熟だった私がそのお取引先の担当になった際、商談の時は常に優しく接してくださり、商談や営業活動でさまざまな失敗をしてお叱りをいただくこともありながら、何度もチャンスを与えてくださったその方に大変感謝しています。そのバイヤーの方とは今も良好な関係を築きながら営業活動に取り組んでいます。

    (OTC-MR)
  • 一番心に残っている人は、入社以来お世話になっている同じ課の先輩です。忙しい合間を縫って些少なことでもご指導いただくだけでなく、当時の私にはレベルが高い業務もどんどん挑戦させていただきました。ミスをした際もしっかりとフォローくださり、若手社員の私でも自信をもって新しい挑戦ができました。

    (OTC開発)
  • 私に挑戦、成長の機会を与えてくださる直属の上司です。私が苦手な業務であっても根気強く丁寧に教えてもらえ、少しずつ前進しているように思います。また、課員が働きやすいシステムの構築を心がけていて、できることが増え、挑戦の機会が増えています。

    (OTC-MR)
  • 入社以来教育係としてお世話になった製造部の先輩です。入社したばかりで右も左も分からない私に、課内での業務内容や仕事の進め方、工場内のさまざまな設備について、親身になって教えてもらいました。質問などにも分かりやすく回答をもらえ、忙しい中でも丁寧に対応してくれて大変感謝しています。

    (製造・品質管理)
  • 身近で一緒に働く先輩社員です。分からず困っている時や困っているのを見かけると直ぐに声をかけてくれて、入社当初の不安が少しずつ緩和されていきました。先輩のように周りをよく確認でき、目配り、気配り、心配りがいつでもできるような社会人になりたいと思いました。

    (OTC-MR)
  • 同期が一番心に残っています。社内で一番相談できる関係性にありますし、他部署に依頼をする際も同期が窓口になってくれます。また他部署の状況などを話すことでより社内が見えてくることもあり、他部署とのつながりができやすくなりました。今後も、お互いに支えあえる同期を大切にしていきたいと思います。

    (管理部門)
  • 上司です。私は自分の将来像について、役職や能力の向上ばかりに目を向けていて、自分のやりたいことに関しては深く考えずにいました。そのとき、上司からもらった「自分の人生の軸となる自己実現を見つけるとよい」という言葉をきっかけに、私は将来についてより広い視野を持ち、どんな自分になりたいかを強く意識できるようになりました。

    (創薬研究)
  • 直属の上司です。受け持っている仕事の幅が広く、その一つひとつを迅速にこなしている印象を持っています。また、私がどんな些細なミスをした際でも、すぐに声をかけてくれて、次に取るべき行動や考え方のアドバイスをもらえます。ただ業務ができるだけでなく、周りの人を気遣う能力も持ち合わせていて、本当に尊敬できる上司です。

    (製造・品質管理)
  • 取引先の方から、「御社の営業の方は真摯に向き合ってくれて、仕事が丁寧な方ばかりですね」とのお言葉をいただいたことです。歴代の先輩方が築き上げてくださった取引先との信頼関係を崩さずに、今後も業務に励みたいと思いました。全薬工業ならではのきめ細かなサポートが取引先からの信頼に繋がると感じています。

    (OTC-MR)
  • 同じ部署の先輩です。私が働く部署は個々のスキルや基礎知識が業務に出やすい職種かと思います。外部との接し方、内部とのやりとり、どうすれば医療機関とメーカーの双方で良い方向に向かえるか、全員の手本となるような人であり、自分自身の仕事での目標です。

    (医療薬開発)
  • 入社1年目でお世話になった取引先店舗の化粧品担当の方です。一人でも多くの方にアルージェの良さを紹介したいとの想いで販売してくださいました。私もその想いに応えるべく、どう貢献できるかを日々考え活動していました。担当変更時に「一生懸命取り組んでくれてありがとう。あなたが担当になってくれて良かった」との言葉をいただき嬉しかったです。

    (OTC-MR)
  • 取引先でお世話になっている方です。話の引き出し方がうまく、ビジネスの内容から些細な世間話に至るまで親身になってお話を聞いてくださり、非常に好感がもてる方でした。ビジネスでは、現状から将来考えられる可能性やリスクまでを網羅的に思考、把握されており、仕事を進めるうえで頼りがいがありいい刺激を得られました。

    (OTC開発)

※記載内容は取材時のものです。

  • 趣味の読書や少し前から始めたヨガをしています。私は運動をすることが苦手で興味もあまりなかったのですが、ヨガは仕事の疲れをとれるのでリフレッシュになっています。休日には自分の好きなことをして過ごすことが良いリフレッシュになり、仕事にも全力で取り組めると思います。今後は、新型コロナウイルスの状況が落ち着いたら旅行に行きたいと考えています。

    (製剤研究)
  • 友達と映画鑑賞やアフタヌーンティーを楽しみに外へ遊びに行くこともありますが、静かに集中して絵を描いたりすることで自分の時間を満喫しています。あと寝ることが好きなので休日はよく寝ています。平日も余暇の時間は十分に取れるので、学生時代と比べると生活リズムが変化した感じはあまりありません。

    (管理部門)
  • 休日は趣味である野球観戦に行ったり、自転車で付近を散策したりしてリフレッシュをしています。また、共通の趣味を持つ友人や兄弟などと会話などもして楽しんでいます。業務に関係のあるような論文を読むなど研さんに励んだりもしています。

    (創薬研究)
  • 休日はスポーツで体を動かしています。体育館を借りてバスケットボールやバレーを、公園ではソフトボールやサッカーなどのスポーツで体を動かしています。最近では、コロナウイルスの影響で大勢での運動をすることは難しいため家でも簡単にできるストレッチやヨガなどで体を動かしています。

    (製造・品質管理)
  • コロナ禍になる前は、趣味であるゴルフの練習やラウンドをして過ごしていました。今は、近所を散歩したり、普段よりも凝った料理をつくったりなどして過ごしています。最近では、憧れのレストランのレシピをもとにフルコースをつくり、好きなワインを嗜むことにはまっています。

    (OTC開発)
  • 中学生の部活動で始めたバレーボールを月に3~4回の頻度で行っています。都内のチームに入っているのですが、いろいろな年代の人や職種の方が集まっているので、バレーボール以外のことでも良い刺激を受けています。また、お酒が好きなので、一人で飲みに行ったり、学生時代の同級生と飲みに行ったりすることは良い息抜きになっています。

    (事業開発)
  • 休日は友人と遊びに行ったり、ジムで体を動かしたりしています。最近はサウナにはまり、汗を流すことで仕事の疲れをとり、リフレッシュして月曜日を迎えることができています。また、有給休暇も取りやすく、なかなか会えない友人とも予定を合わせて会うことができます。久しぶりに再会すると、学生時代の武勇伝が止まりません。

    (OTC開発)
  • 休日は友人と出かけたり、趣味のクラシックバレエや音楽フェスに行ったりしてリフレッシュしています。同期とも仲が良く、プライベートでも旅行に出かけたり家へ遊びに行ったりしています。現在はコロナウイルスの影響で出かける機会が少なくなっていますが、自宅でYouTubeを見るなど自粛生活を楽しんでいます。

    (OTC-MR)
  • 最近は家で過ごすことが多くなり、料理する機会が増えました。今まで作れなかった料理に挑戦してみたり、一つの料理を何度も作り、おいしいレシピや作り方を試してみたりしています。アウトドアでは、マリンスポーツをすることが多く、釣りとダイビングでリフレッシュすることが多いです。

    (製剤研究)
  • 休日は家の周辺や公園でランニングなどをして身体を動かしています。栃木県は自然が豊かなため、綺麗な景色と空気を味わいながら身体を動かすことができます。また、栃木工場の周りは天然温泉が湧き出ているところが多いため、運動後は温泉で汗を流し、心と身体をリフレッシュしています。

    (製造・品質管理)
  • 休日は、目覚ましをかけずに好きな時間に起きて、まったりと家で過ごすことが多いです。私のリフレッシュ方法は、趣味のテニスをして汗を流したり、甘いスイーツを食べたり、同期や学生時代の友人と遊びに行くことです。最近は、テニスの試合にも挑戦し、自分の腕を磨いています。

    (OTC開発)
  • 仕事終わりや休日に同期や友人と飲みに行ったり、出かけたりしています。社会人になってから週末の一杯が何倍も美味しく感じるようになりました。出張の多い部署のため、出張先の地方で美味しいものを食べるのも嬉しいです。仕事のスケジュールは自分で調整しながら有休も取れるので、連休を作って旅行や帰省でリフレッシュしています。

    (医療薬開発)

※記載内容は取材時のものです。

全薬工業を
選んだ理由
第一印象と
入社後
の印象
全薬工業の
一番好き
なところ
心に
残る人
休日の
過ごし方