P'sGUARDブランドはプロも愛用する除菌剤です。

女性向けアウトドアメディア「なちゅガール」編集長
モデル・アウトドアコーディネーター

森風美さん

女性のアウトドアライフを応援するためのWEBサイト「なちゅガール」編集長をつとめつつ、TV・雑誌などのメディアやイベントへの出演を通し、アウトドアやキャンプの魅力を発信する森風美さん。
今回は、アウトドアのプロ・森さんの目線で「P's GUARD キッチンスプレー」の魅力をお話しいただきました。

ーまずは森さんが考えるアウトドアの魅力や、キャンプにはまったきっかけを教えてください。

キャンプって、料理を作ったり、モノを並べたりと「大人に許されたおままごと」だと思うんです。
いくらインテリアが好きでも、家だと生活必需品の存在で好きなもの“だけ”に囲まれることは難しいですよね。
でもキャンプなら、好きなもの・使いたいものだけを持ち出して、そのときだけ自分のお気に入りに囲まれた空間を作れます。
わたしがキャンプにはまったきっかけも、かわいいきのこ柄の小さなテントが欲しいと思ったのが最初で。それ以来、自分好みのかわいいキャンプギアを集めながら、アウトドア生活にのめり込み、いまでは仕事も含め年に100日近くキャンプをしています。

ーいまは、多岐に渡りその魅力を伝えていらっしゃいますよね。

キャンプ&アウトドアサイト「なちゅガール」では主に女性に向けたアウトドアの情報を発信しています。
また、昨今のキャンプブームで、TVなどで芸能人の方にアウトドアの楽しみ方をお伝えしたり、アウトドアイベントのトークショーにも出演するようになりました。

ー様々な方と一緒にキャンプをする中で気をつけていることはありますか?

人と一緒にキャンプに行くときに気をつけているのは、衛生面ですね。
基本的にキャンプでは食べたり飲んだりする時間が長いので、カトラリーやお皿が出しっぱなしになるんです。
なので、汚れを拭いながら除菌するためにも「P's GUARD キッチンスプレー」を使うようになりました。

ー実際、使い心地はいかがでしたか?

キャンプって、“ちょこっとだけ”汚れを拭いながら除菌したい、(匂いの元となる菌を除菌することで)匂いを消したい、というシーンが多いのですが、気軽に使えるので重宝しています。
例えば、食材を変えながら同じ鉄板や網を使うときは、都度スプレーして匂いの元となる菌を除菌することで、そこについた食材の匂いも気になりませんし、地面にカトラリーを落としてしまったときもスプレーして拭き取るだけで除菌ができるなど、活躍シーンが沢山あります。
キャンプ場によっては水場が遠く、重いジャグを運ぶのが大変だったのですが、ササっと除菌ができる「P’s GUARD キッチンスプレー」を知ってからは、座ったままで除菌できるのでとても楽ちんです。

ー特におすすめの使い方はありますか?

元々わたしはキャンプで使った道具は、さっと汚れを落として大きなゴミ袋に入れて持ち帰り、家に帰ってからしっかりお湯で洗っていたのですが、最近は「P’s GUARD キッチンスプレー」で一拭きしてから、持ち帰るようになりました。
匂いの元となる菌を除菌することで匂いがこびりつかず、家で洗うときもラクになりましたよ。
また、アルコール由来ではないので、油が跳ねがちなコンロまわりも安心して拭いています。

ー最後に、もっとアウトドアを楽しみたいと思っている方たちへ、森さんからのアドバイスをいただけますか?

洗いものや、片付けの話もそうですが、帰ってからできることはそのままでも大丈夫!なんでも完璧を求めすぎないことが、キャンプを楽しむコツです。
そういう意味でも「P's GUARD キッチンスプレー」をうまく活用して、サボれるところをサボりながら、アウトドアライフを満喫してほしいですね。