ホーム  »  製品のご案内  »  胃腸薬、神経症・不眠症  » アロパノール内服液

アロパノール内服液

内服液
容量
30mL×3

アロパノールは、神経がたかぶる方の神経症や不眠症の治療を目的につくられた植物生薬製剤です。

  • 7種類の生薬がおだやかに作用して神経のたかぶりを鎮め、緊張や不安からイライラしたり、気分が悪くなる方の神経の症状を緩和します。
  • 抑肝散料エキスを満量処方した1回1本飲みきりタイプの抑肝散液剤です。

抑肝散(よくかんさん)について

  • 抑肝散は漢方でいう「肝」のたかぶりを抑え、興奮やイライラ、筋肉の緊張などを鎮める方剤です。
  • 抑肝散は、古くから小児の夜泣き・疳の虫といったイライラや精神的興奮を抑える目的で使用されてきました。また、神経過敏な子供と一緒に母親にも服用させる(「母子同服」)と良い効果を示したことから、大人のイライラや興奮、不眠にも広く使用されるようになりました。

効能・効果

体力中等度をめやすとして、神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものの次の諸症:神経症、不眠症、歯ぎしり、更年期障害、血の道症。

効能・効果に関連する注意

  1. 血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性ホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことです。

用法・用量

大人(15才以上)1回1びん(30mL)を1日3回食前又は食間に服用してください。
15才未満は服用しないこと。
※食間とは、「食事と食事の間」という意味で、食後2〜3時間を指します。

成分

(1日量3びん90mL中)
抑肝散料エキス 6g
[トウキ 3.0g、チョウトウコウ3.0g、センキュウ 3.0g、ビャクジュツ 4.0g、ブクリョウ 4.0g、サイコ 2.0g、カンゾウ(甘草)1.5gより抽出]
添加物としてクエン酸、クエン酸Na、炭酸水素Na、パラベン、L-アスパラギン酸Na、エリスリトール、ステビアエキス、デキストリンを含有します。