ホーム  »  健康一番  »  薬草の花  »  ツユクサ

ツユクサ

水無月(六月)

花の汁は友禅染に。解熱作用もある

野原や道端などに自生する一年草。ツユクサ科。花は、早朝から露を含んで咲き始め、午後にはしぼんでしまいます。

古名はツキクサといい、花の汁を染料に用いたことに由来します。水に浸すと簡単に色が抜けるので、現在も友禅染の下絵用の絵具の原料に用いられています。

生薬としては、日干しにした全草を鴨跖草(オウセキソウ)といいます。
漢方では使われていませんが、解熱、消炎、止瀉などの作用があるとされ、民間薬として、かぜや下痢止めに用いられます。

薬草の花トップへ 健康一番トップへ