ホーム  »  健康一番  »  薬草の花  »  ロウバイ

ロウバイ

睦月(一月)

蝋細工に似た中国原産の花

中国原産。鑑賞花として庭園などで植栽される落葉低木。日本へは古く朝鮮半島を経て渡来しました。

花は葉より先に咲き、黄色・半透明で蝋細工の感じがあることから、「本草綱目」では蝋の字が使われています。

梅と同じように、正月の花として生花や盆栽仕立てにしますが、共に香りが強いといえます。ロウバイは日本では専ら鑑賞用にされ、生薬としては市場に出ませんが、中国では植物のすべてが各々生薬とされます。貴州や四川が産地です。

なかでも、花蕾は『蝋梅花』と称して、解熱・鎮痛・鎮咳薬、火傷の外用剤として利用されます。鎮咳に煎剤を内服したり、火傷にごま油に漬け込んだものを塗布したりします。
種子の成分が「ウサギの血糖値を下げる」とする薬理の報告があり、検討に値するとされています

薬草の花トップへ 健康一番トップへ