ホーム  »  健康一番  »  薬草の花  »  ムクゲ

ムクゲ

葉月(八月)

開花は朝。夏を彩る花

アオイ科。世界各地で生垣や庭木として栽植され、韓国では国花として親しまれています。
花は夏から秋にかけて咲きますが、朝開くと、夕方にはしぼんでしまいます。

花は白色のほかにも、淡紅色や淡紫色、さらには絞りや八重など多くの品種があり、夏を楽しませてくれます。

薬用としては、白花種のものがよいとされています。
花、樹皮、果実を干したものを、それぞれ生薬の木槿花、木槿皮、木槿子といいます。
花は下痢止めに、樹皮は水虫、果実は頭痛などに用いられます。

薬草の花トップへ 健康一番トップへ