ホーム  »  健康一番  »  薬草の花  »  クズ

クズ

長月(九月)

和菓子の材料。かぜにも効果

秋の7草の1つ。日なたを好むつる性の多年草。樹木などにからみついて生育し、8月から9月にかけて赤紫色の花を咲かせます。

根からとれるくず粉は、食用としてくず切りや和菓子に使われてきました。
また、乾燥させた花を煎じて飲むと、2日酔いに効果があるといわれ、利用されてきました。

薬用としては、葛根(かっこん)と呼ばれる皮を除いた根が用いられます。
漢方の葛根湯の主剤としてもよく知られており、かぜや肩こりなどに用いられます。

薬草の花トップへ 健康一番トップへ