ホーム  »  健康一番  »  薬草の花  »  キク

キク

霜月(十一月)

不動の人気。食用や薬用にもなる

中国原産で、古くから鑑賞用として栽培、改良されてきた多年草。黄、白、紫などさまざまな色や種類があります。
秋になれば全国各地で、展覧会などのイベントが開催されます。

花は食用にもなり、酢の物、あえもの、漬物などにされます。中国では鍋物やスープに入れるほか、菊花酒、菊花茶も好まれています。

生薬名は菊花で、花の乾燥品を用います。解熱、解毒作用や消炎・鎮痛作用があり、感冒、発熱、悪寒、頭痛などに使われます。

薬草の花トップへ 健康一番トップへ