ホーム  »  健康一番  »  薬草の花  »  カワラナデシコ

カワラナデシコ

長月(九月)

万葉集にも登場した薄紅色の花

単にナデシコともいい、秋の7草の1つ。夏から初秋にかけて、薄紅色の愛らしい花を咲かせます。

中国からの渡来種と区別するために、ヤマトナデシコとも呼ばれ、古くは万葉集や古今集にも詠われています。
現在は、外来種と交配した園芸品種もあります。

薬用には、果実を採取して乾燥させたあと、黒い種だけを集めて用います。
種はクバクシといい、煎じて服用すると、むくみがあるときの利尿、消炎、通経に効果があるとされています。

薬草の花トップへ 健康一番トップへ