ホーム  »  健康一番  »  薬草の花  »  カンゾウ

カンゾウ

水無月(六月)

幅広い効きめのある要薬

シベリアから中国西部に分布している多年草。生薬として古くから日本に渡来し、正倉院にも収蔵されています。

漢方では極めて重要な生薬で、処方の7割に配合されており、幅広く使われています。
また現在では、醤油などの食品の甘味づけとしても、大量に消費されています。

甘草の特長は、症状をやわらげ、諸薬の調和をとることにあるといわれます。主成分であるグリチルリチンには、強肝、抗炎症作用などのほか、抗ウイルス作用も報告されています。
まだ科学的にも解明されない作用もあることから、不思議な生薬とも呼ばれています

薬草の花トップへ 健康一番トップへ