ホーム  »  健康一番  »  薬草の花  »  ジャワケイヒ

ジャワケイヒ

弥生(三月)

インドネシアに自生。正倉院にもある

クスノキ科。インドネシアに自生し、スマトラ島やジャワ島で広く栽培されています。
常緑の高木幹皮を「ジャワ桂皮」または「バタビア桂皮」、中国では「陰香皮」と呼んでいます。

初夏の皮のはがれやすい時期に根を掘り出して、水洗いし根皮をはぎ乾燥させたものが生薬の桂皮です。
正倉院御物のなかには「桂心」の名で登場しています。

桂皮には、発汗、解熱、健胃、整腸、鎮痛などの薬効があります。

薬草の花トップへ 健康一番トップへ