ホーム  »  健康一番  »  薬草の花  »  ベンケイソウ

ベンケイソウ

長月(九月)

弁慶のごとく強い生命力

原産地の中国での名は景天草、生薬も景天といいます。古くから日本に入っており、野生化も進んでいます。

茎も葉も肉厚で生命力が強く、挿し木で容易に増やせるため、伊岐久佐(いきくさ=生き草)の和名があります。
その後、武蔵坊弁慶が現れ、強いものの代名詞として弁慶の名がつきました。

薬用では解熱、解毒に全草を乾燥させ、煎じて服用します。腫れ物などには、葉をあぶって表皮をはがし、肉質の部分を患部に当てるとよいとされています。

薬草の花トップへ 健康一番トップへ