ホーム  »  健康一番  »  病気メモ
子どもの夏かぜ

3水疱ができる「手足口病」

最後に、手足口病について考えてみましょう。コクサッキーウイルスA16、またはエンテロウイルス71型などによる夏かぜです。
症状としては、手のひらや足底、口に痛みのない水疱ができます。指からひじ、足から腰のあたりまで発疹することもあります。熱はほとんど出ません。
口内炎もできますが、普通に食事を食べられる程度のものが大半です。熱がなければ、登園、登校は可能です。

こうした夏かぜは、人から人に直接伝播する飛沫感染です。原因ウイルスが2種類以上あると、繰り返しかかります。幼児から小学1〜2年生までに多く、高学年になると免疫をもつようになるため、発病しません。

病気メモ一覧へ 健康一番トップへ