ホーム  »  健康一番  »  病気メモ
口の中の気になる存在
口内炎の正体とは?

4ストレスや疲れは大敵!! 口内炎の予防対策

口内炎の予防には、ストレスや疲れをなるべく溜めず、栄養バランスのとれた(特にビタミンB2)食事を心がけましょう。睡眠時間をたくさんとり、食後には必ず歯みがきやうがいをして口の中を清潔に保つことも大切です。
一度できてしまった口内炎の特効薬はありません。口内炎のできやすさには個々の体質も関係しているようです。まずは、「睡眠時間はしっかり確保できているか」「忙しくてもちゃんと気分転換できているか」といった状況を自分で把握して、改善に努めましょう。

【口内炎を予防するための4か条】

  1. 十分な睡眠をとり、規則正しい生活をこころがけましょう。
  2. 口腔内の常在菌が増殖することによって、口内炎ができる場合もあります。口腔内を清潔に保ちましょう。
  3. 栄養バランスを考え、ビタミンB2を多く含んだ食品(レバー、乳製品、卵、魚介類、なっとう)を積極的にとりましょう。
    ※市販のビタミン剤で、ビタミンB2を手軽に補給する方法もあります。体の中から口内炎のできにくい体質を目指しましょう。
  4. 生活環境の変化が、人によっては大きなストレスとなるため、口内炎を招きやすくなります。ストレスを溜めないように、ほどよく気分転換を心がけましょう。
病気メモ一覧へ 健康一番トップへ