ホーム  »  健康一番  »  病気メモ
かぜ情報

4かぜの対処法

かぜをひいたかな、と思ったら早めに対処しましょう。ひき始めの適切な処置が大切です。

【安静にして睡眠は十分に】

発熱やせきがあると、どうしても体力を消耗してしまいます。安静はウイルスと戦う体力をとり戻すための積極的な対策。かぜをひいたらまず安静にし、睡眠を十分にとりましょう。

【食事は消化のよいものを】

かぜで熱があったり、下痢をしているときはどうしても食欲がなくなりがち。でもこういうときこそ、栄養を十分にとって体力を養うことが大切です。消化がよくてからだが温まる物を食べ、タンパク質やビタミンなどの栄養を補給するようにしましょう。

【入浴は控えましょう】

入浴は意外に体力を消耗します。かぜをひいているときは控えましょう。とくに寒気や熱が38度近くあるときは禁物です。熱が下がったあとも、2〜3日は控えたほうがいいでしょう。

【汗をかいたらこまめに着替えを】

熱が高いときは大量の汗が出ます。汗をかいたままにしておくと、からだがますます冷やされて、体力をよけい消耗してしまいます。汗をかいたらパジャマや下着をこまめにとり替え、保温を心がけましょう。

【早めにくすりの服用を】

かぜを治すポイントは、何といっても早めの手当て。寒気を感じたり、のどが痛みだしたら早めにくすりを服用しましょう。

病気メモ一覧へ 健康一番トップへ