ホーム  »  健康一番  »  病気メモ
かぜ情報

3恐い!インフルエンザ

かぜの中でも強力なのがインフルエンザ。全般に感染力が強く、高熱を発するのが特徴です。関節などの痛み、頭痛や倦怠感、せき、のどの痛みなどの重い症状を起こします。
インフルエンザは、

  1. 冬将軍が来て、寒さと乾燥が続く
  2. ウイルスの増殖力(新型ウイルスの場合、増殖する力が強いので要注意)
  3. ウイルスの免疫抗体をもっていない人が多い(ワクチンの未接種者が多い)

日頃から体を鍛え、インフルエンザに感染しない抵抗力をつけておくように心がけましょう。

項目 インフルエンザ 普通かぜ
発症 急激に発症 ゆるやかに発症
主な症状 全身症状(熱、だるさ、頭痛)などが中心 鼻水、鼻づまり、のどの痛みなどが中心
発熱 高い(39〜40℃) ないか37℃
全身の痛み
(関節痛、筋肉痛)
強い ない
鼻やのどの炎症 全身症状のあとから起きる 先行して症状が出る
病原 インフルエンザウイルス ライノウイルスなど

【予防接種を受けましょう】

インフルエンザを予防するには、予防接種が大変有効といわれています。流行前の10月から11月下旬までに予防接種を受けておくと、たとえかかっても症状が軽くてすみます。とくに以下のような人は接種をおすすめします。

  • 65歳以上の高齢者
  • 妊娠28週以降の妊婦
  • 糖尿病、ぜんそく、肺結核、血液透析患者など慢性疾患のある人
  • 免疫が衰えている人
  • 10歳未満の児童・乳幼児
病気メモ一覧へ 健康一番トップへ