ホーム  »  健康一番  »  病気メモ
日本人の多くは痔(ぢ)主!

3主な痔の種類と症状

【いぼ痔(痔核)】

肛門の内括約筋の付近には、肛門を閉じるときに役立ち、クッションの役割を果たす細い動脈や静脈、筋線維などが集まった部分があります。この部分がうっ血して出血したり、大きくなったりして、肛門の外へ脱出した状態がいぼ痔(痔核)です。 いぼ痔は、できる場所によって区別されます。歯状線(直腸と肛門の境目のギザギザした部分)よりも内側にできる内痔核と、外側にできる外痔核があります。

●どんな症状?

内痔核は痛みをほとんど伴いませんが、大量に出血します。一方、外痔核は出血は少ないものの、痛みを伴います。初期は軽い痛みがあり、排便後もすっきりしません。

【きれ痔(裂肛)】

硬い便や下痢便などによって、肛門が傷つき、裂けた状態です。

●どんな症状?

排便時に刺すような痛みが特徴です。痛みは排便の後も続き、出血を伴います。出血は紙に少しつく程度であまり多くはありません。

【あな痔(痔ろう)】

直腸と肛門を隔てる歯状線のくぼみに、便が入り込み、細菌感染によって化膿し、さらに進行して膿の管ができた状態です。

●どんな症状?

膿性の分泌物が、絶えず少しずつ排出されます。ろう孔と呼ばれる、器官や粘膜・皮膚に通じる穴(健康な場合にはありません)から膿が出て、常に痒さと不快感が伴います。また、膿がたまると、発熱や痛み、腫れなどの症状が現れます。
※専門医の診断、治療が必要です。

【ぬけ痔(脱肛)】

内痔核が悪化して肛門全体が脱出した状態です。突出部が括約筋にしめつけられるため、痛みが激しいのが特徴です。

●どんな症状?

いつまでも便意があり、嵌頓(かんとん:腸や子宮などの内臓器が、腹壁の病的な間隔から脱出して、元に戻らない状態)を起こすと激痛がします。内外痔核の特徴でもあります。
※専門医の診断、治療が必要です。

病気メモ一覧へ 健康一番トップへ