ホーム  »  健康一番  »  病気メモ
日本人の多くは痔(ぢ)主!

1痔はなぜ起こるの?

肛門のまわりには、細い静脈がもつれた毛糸(肛門静脈叢)のように入り込んでいます。この肛門の血管には、手足の静脈と違って血液の逆流を防ぐ静脈弁がありません。そのため他の部分と比べると、わずかな障害で血液の流れが滞り、うっ血しやすいのです。
長時間の直立姿勢や冷え、疲れなどはこのうっ血の原因となり、痔を引き起こします。とりわけ、便秘の人は硬い便を出そうといきむことが多く、肛門部をうっ血させたり、傷つけたりすることにより、痔になりやすいといわれています。

病気メモ一覧へ 健康一番トップへ