ホーム  »  健康一番  »  病気メモ
便秘は美容と健康の大敵

3食事、運動、くすりで解決

便秘を解消するために、なによりも大切なのが食事です。とくに朝食は便意をもよおすきっかけになりますので、しっかり食べましょう。
野菜は1日に300〜400gはとり、牛乳やスープ、汁物など水分も十分に補給してください。果物類、ことにプルーンは緩下作用があるので、朝食やおやつに利用するとよいでしょう。
運動も効果があります。あお向けの状態でひざを抱えたり、自転車こぎなどをすると、腸に刺激を与えて動きを活発にします。

食事の改善や運動をしても便意がない場合には、便秘治療薬や整腸剤でたまった便を排泄しましょう。
便秘薬は、習慣になると困るという人や、おなかが痛くなるからイヤ、という人もいます。しかし、便秘薬でも腹痛を起こしにくく、習慣性の少ないものがあります。また、整腸剤には腸内細菌のバランスを整えて便通をよくするタイプのものもあります。

病気メモ一覧へ 健康一番トップへ