ホーム  »  健康一番  »  病気メモ
アトピー性皮膚炎の対策

1どんな症状が出るの?

アトピー性皮膚炎はどんな症状が出るのでしょう? 日本皮膚科学会の定めた診断基準では、次の3点を満たすものをアトピー性皮膚炎としています。

  1. かゆみがある
  2. 急性期は湿潤性が高く、慢性期になると乾燥、苔癬(たいせん)化が進む。からだの左右対称に症状があらわれる
  3. 乳児では2か月以上、その他は6か月以上続く慢性症状

アトピー体質は、簡単に変えることはできません。症状を抑えながら、原因(アレルゲン)を極力近づけないことが治療のポイントです。


幼児の体幹

少年期

【大敵はかゆみ】

アトピー性皮膚炎が治りにくい理由のひとつに、激しいかゆみがあげられます。かいてしまうと皮膚が傷つき、皮膚を刺激から守る防御(バリア)機能が低下してしまうのです。そのためアレルゲンが侵入しやすくなり、ますます症状が悪化してしまいます。
実際、かかないだけでかなり改善するようです。手袋をしたり、手足をベッドに固定したりして、かかないようにさせる治療法もあるくらいです。しかし、こうした方法を続けることは現実的に難しいといえます。一般的には、かゆみを抑える抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬がよく使われています。
また、炎症症状を抑えるにはステロイド剤が有効です。「副作用が心配」という声も聞かれますが、医師は症状をよくみて使う薬の強さや期間を決めますから、それに従えば心配ないでしょう。1日に何回、どの程度の量を使うのか、また、ケースによって塗り方の注意なども異なりますので、必ず確認しておきましょう。

病気メモ一覧へ 健康一番トップへ