ホーム  »  健康一番  »  健康ファイル
ビタミンを知ろう

2丈夫な骨をつくるビタミンD

高齢化社会が進む現在、骨粗鬆症による骨折で、寝たきりになる高齢者が社会問題となっています。そこで骨を強化するために、カルシウムを積極的に摂取することが奨められています。カルシウムは、ビタミンDを摂取すると吸収がよくなります。骨形成を促進するなど、カルシウムの体内利用の効率化が図れるのです。骨の弱い人はもちろん、骨を強くしたい人や、ビタミンDを含有する食べ物(シイタケや魚など)が嫌いな人は、サプリメントなどから積極的にビタミンDをとるようにしましょう。

【このような症状におすすめです】

健康ファイル一覧へ 健康一番トップへ