ホーム  »  健康一番  »  健康ファイル
お酒と仲良くつきあおう

5肝臓の豆知識

肝臓は人体のなかで最も大きな器官です。重量は男性で1,000〜1,300g、女性で900〜1,100gもあります。栄養素や活性物質の代謝や合成など、多くの働きを担っており、人体の化学工場ともいわれています。以下は、肝臓の主な作用です。

  1. 生体の防御作用
    有害物質の解毒や排泄の作用により、からだを守ります。酸化還元反応や抱合反応によって有害物質を無害なものに変化させ、体外へ排泄します。
  2. 胆汁の生成と排泄機能
    胆汁を生成して脂肪の消化・吸収を高め、不要物質の排泄を助けます。
  3. 栄養素の代謝機能
    消化・吸収した栄養素を貯蔵したり、体内で必要な物質に作り変えたりします。
  4. 血液の貯蔵と凝固作用
    いざという時のための血液の貯蔵を行ったり、血液凝固に必要な物質を合成したりします。
健康ファイル一覧へ 健康一番トップへ