ホーム  »  健康一番  »  健康ファイル
夏ばて情報

2夏を乗り切る対策(日常生活)

夏を元気にすごすためには、工夫が必要です。以下は、生活面で注意すべきポイントです。

【生活にリズムを】

暑さで眠れず、夜更かしが重なったりすると、生活のリズムが狂ってきます。生活リズムのたて直しは、まず睡眠をきちんと確保することから。就寝時刻と起床時刻をキッチリ守りましょう。
朝の生活リズムをつくるには、夏休みのラジオ体操に参加するのも、よい方法です。

【エアコンは上手に利用】

湿度の高い日本の夏は、除湿をするだけでも不快感はかなりやわらぎます。冷房をかけるときは、外気温との差を5〜6度以内にしましょう。冷やしすぎは体調をくずす原因になるので要注意。
就寝中にエアコンをつけっぱなしにすると、夏かぜや下痢、体調不良の原因になります。暑くて寝苦しいときは、寝る前に寝室を冷房で冷やしておくと、気持ちよく休めます。

【寝つきをよくする工夫】

ぬるめのお風呂にゆっくり入ることで、自律神経を落ちつかせ、心身がリラックスします。また、寝る前の暴飲・暴食は避けましょう。そのほか、生活のなかに軽い運動を取り入れるとよいでしょう。 適度な疲労感は快い睡眠を誘います。

健康ファイル一覧へ 健康一番トップへ