ホーム  »  健康一番  »  健康ファイル
ちょっと太めが危険信号!!
「メタボリックシンドローム」

3最大の原因は『内臓脂肪』の蓄積

メタボリックシンドロームの基盤となるのが、内臓脂肪の蓄積による内臓脂肪型肥満です。
高血圧症、高脂血症、高血糖は全て内臓脂肪型肥満と密接に関連しており、これらを改善していくためには、内臓脂肪を減らすことが大切です。
脂肪の付き方には、お腹の筋肉の内側につく内臓脂肪と、文字通り皮膚の下につく皮下脂肪があります。
内臓脂肪は皮下脂肪と比べて溜まりやすく減りやすいのが特徴ですが、高血圧症、高血糖、高脂血症といった生活習慣病とのつながりが深く、要注意です。

そのままほうっておくと歯周組織が破壊されて歯周ポケットとなり、やがて歯がぐらぐらして膿が出てきます。これが歯周病のメカニズムです。


皮下脂肪型

内臓脂肪型

黒く写っているのが脂肪、内臓脂肪型では筋肉(白い部分)の内側に多くあるのがわかります。

健康ファイル一覧へ 健康一番トップへ