ホーム  »  健康一番  »  健康ファイル
ちょっと太めが危険信号!!
「メタボリックシンドローム」

1メタボリックシンドロームってなに?

内臓に脂肪が蓄積し、さらに高血圧、高脂血症、高血糖といった動脈硬化のリスクファクターを複数併せもった状態のことを、メタボリックシンドロームといいます。
これが怖いのは、それぞれが軽症でも、重なりあうことによって、いっそう動脈硬化になりやすくなり、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞など命に関わるような病気を引き起こす可能性が大変高くなることです。

【メタボリックシンドローム診断基準】

ステージ1 内臓脂肪型
肥満の目安
腹囲(おへその高さ)が男性85cm以上、女性90cm以上

ステージ1でチェックが入った方のみ、以下のチェックへ進んでください。

ステージ2 高血圧症の目安 収縮期(最高)血圧が130mmHg以上、または拡張期(最低)血圧が85mmHg以上
高脂血症の目安 中性脂肪値150mg/dl以上、またはHDLコレステロール値40mg/dl未満
高血糖の目安 空腹時血糖値が110mg/dl以上

※ステージ2で2つ以上にチェックが入った方は「メタボリックシンドローム」
※ステージ2で1つチェックが入った方は「メタボリックシンドローム」の予備群。

美容クリップ一覧へ 健康一番トップへ