ホーム  »  健康一番  »  健康ファイル
要介護・寝たきり予防に、いまから対策を!
〜ロコモティブシンドローム(運動器症候群)〜

1ロコモティブシンドロームとは

ロコモティブシンドロームは、略して"ロコモ"と呼び、日本語では「運動器症候群」です。運動器の障害により日常生活での自立度が低下し、要介護やその危険がある状態のことを指します。
運動器のことをロコモティブオルガン(locomotive organ)といいます。ロコモティブには「運動の」という意味のほか、「機関車」という意味があり、年齢を重ねることを否定的にとらえず、機関車のように力強く積極的に生きていこうという考えをこの言葉に込めています。

健康ファイル一覧へ 健康一番トップへ