ホーム  »  健康一番  »  健康ファイル
サラサラ血液の話

7成分は、意外にドロドロ?

血液を構成しているのは、約半分(55%)が血漿(けっしょう)と呼ばれる液体成分で、残りが赤血球や白血球などの細胞成分です。この割合は、脂肪球が半分近くを占めるコンデンスミルクとほぼ同じ割合だといわれています。意外にドロドロしていそうですよね。
その血液が、サラサラと流れている理由は、主に赤血球の変形能にあります。また、血流のインフラ=血管が正常で障害物のないことが、スムーズな流れを支えているのです。赤血球の変形能が低下したり、白血球の粘着能や、血小板の凝集能が増加したりすることが、血液をドロドロにする要因となっていることが、お分かりいただけましたか?

健康ファイル一覧へ 健康一番トップへ