ホーム  »  健康一番  »  健康ファイル
歯は健康の門

3歯肉炎は歯周病の初期症状

歯みがき前に歯の裏側を指先でこすると、白いベトベトしたものがついてくるのがわかります。
これがプラークといわれるもので、口の中の細菌が増殖して菌塊となったものです。このプラーク細菌に対して周辺の歯茎などが自分のからだを守ろうとします。そのため炎症が起きて歯茎から血が出ます。これが歯肉炎で、歯周病の初期症状です。


歯肉炎初期

歯肉炎末期

そのままほうっておくと歯周組織が破壊されて歯周ポケットとなり、やがて歯がぐらぐらして膿が出てきます。これが歯周病のメカニズムです。


歯槽膿漏初期

歯槽膿漏末期

歯槽膿漏末期

口内粘膜(写真:ミュータンス菌)
健康ファイル一覧へ 健康一番トップへ